激しい関節痛である痛風。尿酸が原因。初期症状の前に尿酸値に注意を。

尿酸が体内に蓄積し、塊となり関節の炎症として激しく痛むのが痛風です。現在は医学も進歩して、効果のある薬もあるため、適切な対処をとれば日常生活を問題なく送ることができます。ですが、放っておくと何度も激しく痛んだり、腎臓にも悪影響を及ぼすため、注意しなければなりません。発生する頻度が高い部位として一番多いのが足の親指の付け根であり、それだけでなく他にもくるぶしや肩、かかと、手首や肘にも痛風の症状がおこります。

 

 

激しい関節痛である痛風。尿酸が原因。初期症状の前に尿酸値に注意を。
痛風の原因は尿酸が溜まる事であるため、症状がでるまえに血中の尿酸値が高い値で持続します。尿酸値が7.0mg/dl以上で痛風になる恐れが大きいです。暴飲暴食やストレス、運動不足で血中の尿酸の値が高くなります。この高尿酸血症の状態でこのまま放っておく事で、初期症状として急に関節、とくに足の親指の付け根が耐えられないほど激しく痛み、発赤と腫脹が見られるようになります。発作的な症状であるため、1週間?10日で時間が経つにつれて症状が和らいで行きます。消炎剤を服用する事で症状を抑えることはできますが、たいてい一年のうちに同様の発作がみられます。何度も起きると炎症が足首や膝の関節にまで広がり、起こる間隔もだんだん短くなります。ここまで症状が頻繁に出て来る頃には関節炎だけでなく、結節が見られたり腎臓機能の悪化や尿路結石になることもあります。対症療法だけでやり過ごしていると尿酸値は高いままであるため、直接的な原因を取り除くことができず、最終的に慢性的なものになってしまうおそれもあるため、受診せずに放置することは大変危険であり、適切な治療を受けることが必要です。また、血中の尿酸の値が高い人は心臓や脳の血管障害になる確率も高くなっているため、尿酸値には十分な注意を払うことが重要です。

 

 

痛風の大きな原因の一つが食物に含まれているプリン体です。肝臓で分解されて代謝されるとプリン体の最後の形は尿酸になります。普通尿酸は汗や排泄物で体外に排出されるためマイナスに働くことはありませんが、食べすぎたりたくさんお酒を飲んだり肥満や過度なストレスが要因となっていきなり血中の尿酸濃度が上がると、尿酸が結晶になりやすい環境になってしまいます。また、温度の低い環境や血液が酸性に傾くと尿酸が血液に混じりにくく同様のことが起こります。尿酸が蓄積することで血液内で結晶となり関節にくっついて炎症となり激しい痛みとなります。