痛風に良い悪いは食品にプリン体が入っているかで決まるって本当?

痛風が起こる原因は尿酸という物質にあります。尿酸は血中に混じり、尿と一緒に排泄されます。しかし、血中の尿酸が一定量を超すとその分が蓄積していきます。蓄積した尿酸はナトリウムと塩になり、尿酸塩に変わります。この尿酸塩が原因になるのです。なので、この尿酸という物質を発生させないようにすることが対策になります。

 

 

痛風に良い悪いは食品にプリン体が入っているかで決まるって本当?
なぜプリン体が痛風に悪いと言われるのかというと、体内で尿酸に変わるからなのです。その成分はビールに入っているとよく言われています。たしかにビールにはたくさん含まれています。また、アルコールは尿酸値をあげるので、ビールを飲む人は気を付けましょう。しかし、それだけではなくビール以外のあらゆる食品にも含まれているのです。

 

痛風に良い悪いは食品にプリン体が入っているかで決まるって本当?
プリン体が多いと痛風に悪い理由がわかったので、ビール以外のどういう食品が悪いのかということを紹介しようと思います。そういう食品の代表的な例として魚介類があります。特に旨みの成分が多ければ多いほど悪いと言われています。旨みといえば煮干しやカツオなどのだしに使うものに多く含まれています。だしはカロリーもなく、ただ味だけを向上させる。そんなイメージを持っている人も多いですが、こういう意外な弱点があります。かつて痛風は贅沢病だとも言われていました。お金持ちは旨みが多く含まれている美味いものばかり食べていたからこのように言われるようになったというわけです。また、レバーにも多く含まれています。レバーにも牛や豚や鳥など色々な種類がありますが、そのすべてに多く含まれています。このように栄養価の高い食べ物にもプリン体はたくさん入っているのです。また、甘いものも注意が必要です。糖分にはアルコールと同じように尿酸値を上昇させる役割があるので控えましょう。
また、良いものも紹介しようと思います。まずは野菜です。例えばカリフラワーなブロッコリーなどはプリン体が極めて少ないです。食べていて味も旨みも感じないので納得です。ただ、このような味の薄いものばかり食べているわけにはいかないので、大本の原因である尿酸を排出してくれるものも紹介します。尿酸を排出する食品として代表的なものは乳製品です。ただ、乳製品はコレステロールがたくさん含まれているので、太っていない人で尿酸が気になるという方は乳製品をたくさん摂ると良いです。
痛風を避けるにはプリン体を取らないというのはもちろんですが、尿酸値を減らす食品を摂る努力も有効です。