痛風の予防や改善には生活習慣の見直しとサプリ対策が有効です

痛風はアルコール好きでメタボなおじさんの病気と思っていませんか。実は最近、若者の発症が増えています。風が吹いても痛いという症状から名前が付けられたようですが、実際のところは風など吹かなくても激痛が走り、歩くことさえできなくなります。さらに、命に関わる合併症を引き起こすこともあるため、予防がとても大事な病気です。

 

痛風の予防や改善には生活習慣の見直しとサプリ対策が有効です
痛風の診断は尿酸値の高さが目安になっていて、血中の尿酸値が7.0mg/dlを越えると高尿酸血症と診断され、予備軍と判断されます。
私たちの体は、細胞で出来ています。細胞の中心である核のさらに中心に、核酸という物質があります。その主成分がプリン体です。悪者扱いされがちですが、プリン体は体を維持したり、体を動かすときのエネルギー伝達物質の原料になるなど、生きていく上で大切な役割がある物質です。プリン体は約8割が体内で作られていて、食事から摂取するのは2割ほどといわれています。

 

このプリン体が分解される時にできるのが、尿酸です。尿酸は血液中に溶けていて、余分な尿酸は尿や便と一緒に排泄され、常に一定量を保っています。ところが、余分な尿酸の排出が間に合わなくなって尿酸が一定量を超えると、血中で結晶化して関節に付着してしまいます。この結晶を白血球が処理しようとすることで激しい激痛が起こり、痛風の症状が現れます。激痛は数日後には和らいでいきますが、慢性化して結晶が目に見えるコブになったり、尿結石や腎障害につながることもあるため、初期の段階で適切な治療を受けることが重要です。

 

痛風の予防には、体内にある一定量のプリン体を増やさないために、プリン体の過剰摂取を控えることが大切です。健康診断などで高尿酸値という診断を受けた方は、レバー、魚の乾物、干しシイタケなどの乾物、白子やイクラなどの摂取を控えましょう。またアルコールはプリン体の分解を促して尿酸を大量に増加させてしまうため、ビールに限らずアルコール全般において控えめにしましょう。その一方で、水やお茶などカロリーや糖分の空くない水分を多めに摂り、尿から尿酸を排出しやすくさせると良いでしょう。
また内臓脂肪が蓄積されることも尿酸の生成を促すため、適量の食事や適度な運動など、肥満にも注意しましょう。

 

これらの生活習慣を見直すとともに、血液をサラサラにしたり、尿酸を排出させる成分の入ったサプリメントを摂取するのも、痛風の予防や改善の対策に有効です。良質なサプリメントを選んで、利用するのも良いでしょう。