尿酸値を下げる有酸素運動のポイントについて

健康診断などで注意されることの一つが尿酸値です。
尿酸とは、細胞やエネルギー代謝を行う過程で出てくるゴミのようなもので、常に体内で生成されています。健康であれば血液を流れた後に汗や排泄物として排出されます。
しかし、何らかの原因によって排出されることと生成されることのバランスが崩れてしまうと体内に尿酸が蓄積されていき、数値が高くなっていきます。つまり、血液の中にゴミがたまってしまう状態です。

 

 

尿酸値を下げる方法!有酸素運動とストレッチが有効?
尿酸が高い原因は人それぞれだとされており、原因がわかったとしても病気や薬が原因であることが多いとされています。
高くなる原因は体質や生活習慣だともされており、ストレスが多い生活や過度のアルコールを摂取する、太っていたり脂質の多い食事をしているなどの生活習慣を繰り返していると尿酸値は高くなる可能性があります。
尿酸は水に溶けにくい性質があり、体内に溜まったままだと様々な症状を引き起こします。
特に溜まりやすいのが関節で、結晶となってしまい痛風を引き起こします。また、結晶化したものが大きくなると結石という形になり、耳たぶや手足、手の甲などにコブを作ってしまうこともあります。腎臓にできて尿道という経路の中に発生すると激痛を伴って血尿が起こることもあります。
このような状態そのものでは命に関わることはありませんが、慢性肝炎や尿路結石、腎障害高血圧、脂質異常症や糖尿病などの合併症や生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

 

尿酸値を下げる方法!有酸素運動とストレッチが有効?

 

尿酸値を高める原因の一つが激しい運動です。これは新陳代謝が活発になることでゴミを生成しやすくなるためです。運動をすると汗をかきますが、体内の水分が不足してしまうと腎臓から尿酸が排出しにくくなるため注意が必要です。
しかし、尿酸値を下げるには運動が必要となります。
下げるためのポイントとしては、激しい運動は行わないということが大切です。
一般的な適度なものを長期間継続して行うことが大切です。たまに激しく動くようなスポーツなどは心臓や足腰に負担がかかってしまうため治療するには向いていないと考えられます。
おすすめなのが軽めの有酸素運動です。
ウォーキングならなるべく一回に20?30分以上を継続して行うこと、ジョギングなら医師やスポーツインストラクターの指示のもとで軽く行います。
サイクリングなら交通量の多い道路やきつい上り坂、下り坂は避けながら行っていくことなどがポイントとなります。
動くことが苦手な場合にはゆっくりした動作で行うヨガなどもおすすめです。

ストレッチで血流を改善することは尿酸値を下げる効果的な対策!

 

尿酸値を下げる方法!有酸素運動とストレッチが有効?

 

辛い痛風に対処するためには、尿酸値を下げなければなりません。実際に、尿酸の数値を下げるのに効果的であるとして大きな注目を浴びているのが、ストレッチであると言えるでしょう。
では、尿酸値を下げるために行なうべき効果的な対策の一つとして、なぜストレッチにはそれほどの効果があると言えるのでしょうか。その主な理由は、これが体の各部を使う運動となるからです。そのため、それをじっくり行なうことによって、体全体の筋肉がほぐされていき、体中の血流を改善することができるでしょう。一般的に言って、尿酸値というものは体の血流が低下することによって上がるものであると言われています。つまり、定期的にストレッチを行なうことによって体中の血流を改善するようにするなら、尿酸の数値が上がるのを防ぎ、むしろその数値を下げることができるでしょう。
さらに、このようにして血流が良くなれば、尿酸が体の中に蓄積するのを防ぐことができます。加えて、ストレッチを行なうなら、ストレスも緩和されることになります。結果として、尿酸の数値を下げる効果が期待できるというわけです。

尿酸値を下げるサプリメント情報

 

尿酸の数値を下げるのに効果的な対策の一つとして、多くの注目を集めている理由が理解できることでしょう。
では、尿酸値を下げるのに効果的な対策として、実際にどのように行なうことができるのでしょうか。もちろん一口にストレッチと言っても、そのやり方は実にさまざまです。それらの中から、特に尿酸の数値を下げるのに効果的なやり方について取り上げましょう。
一つは、椅子に座ったままの姿勢で行なうことのできるものです。まず椅子に座った状態で、両足は肩幅くらいに開きます。この時、できるだけ背筋を伸ばし腰に意識を集中しましょう。体をゆっくりと右か左に傾けましょう。その後、反対側にゆっくりと傾けます。このように左右両側に傾けるのを一セットとして、毎日三回ほど行なってみましょう。根気強く続けることによって、尿酸の数値を下げることができるとともに、むくみを解消したり疲労が溜まりにくくなったり、さらには新陳代謝が良くなったりすることでしょう。
もう一つのやり方は、椅子に座ったまま足首を五、六回ほど回すというものです。その際、片足ずつ行なった方がしっかりと行なえるため、極力片方ずつ行なうようにしましょう。このように毎日の生活の中で習慣化することによって、効果的に尿酸値対策を行なうことができるでしょう。

尿酸値の正常基準数値を知って高尿酸血症を予防しよう

近年、若者に増加している病気のひとつに痛風があります。昔は金持ちの美食家がよく発症したために、ぜいたく病といわれていました。今でも、ビール腹のおじさんがかかる病気と思っている方も多いでしょう。
けれど、偏った食事や運動不足による身体のめぐりが悪くなったことが原因で、20代や30代でも痛風になる人が急増しています。

 

痛風になると、多くの方が足の親指のつけ根に激痛が起こります。数日前からうずうずするような異変を感じる人もいれば、突然の激痛を感じる人もいるようです。
痛風の原因は、プリン体が分解されてできる尿酸です。プリン体は核酸という細胞の中心部の主成分で、体を維持するために必要不可欠なものです。そのため、体内では日々プリン体が作られ、古くなったものは分解されて尿酸が作られています。

 

尿酸値を下げる方法!有酸素運動とストレッチが有効?
本来であれば、尿酸は尿や便とともに排出されるため、血中濃度が一定量を超えることはありません。ところが食事から摂取しすぎたり、排出がスムーズにいかないと、尿酸は結晶化してしまいます。この結晶を白血球が異物とみなして攻撃することにより、激痛の症状が起こるのです。

 

尿酸値の正常基準数値は、男性で3.8〜7.5mg/dl、女性で2.4〜5.8mg/dlといわれています。多くの場合、尿酸は血しょうの中で7.0mg/dlまでは溶けるためです。ただし7.0mg/dl以上になると、痛風予備軍である高尿酸血症と診断されます。放っておくとどんどん数値が上がってしまい、痛風になるリスクが非常に高くなるため、この時点で数値を改善させる必要があります。

 

尿酸値が高めとか、高尿酸血症と診断されたら、体内で尿酸が作られ過ぎないようにプリン体の多い食品を控えることが大切です。レバー、白子やいくら、魚の干物、干しエビや干しシイタケなどの乾物を減らしましょう。プリン体が多いアルコールとしてビールが浮かぶ方も多いと思いますが、アルコール自体が尿酸の生成を促進させるので、全般的に控えることをおすすめします。

 

また、尿酸は一定の場所に留まりやすいといわれています。青魚に含まれるDHAやEPA、納豆に含まれる納豆キナーゼなどの血液サラサラ成分で血流を良くしたり、キノコ・野菜類など食物繊維の多い食品で体のめぐりを良くして、排出をスムーズにさせるのも良いでしょう。

 

高尿酸血症で肥満の方の場合、痛風のリスクが高くなります。適度な運動でメタボを改善するようにしましょう。ただし激しい運動は尿酸が作られてしまうため、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。
痛風へとつながる高尿酸血症にならないために、食生活を見直して健康な体づくりをめざしましょう。